ケータイ小説 野いちご

翻訳:魯迅『小さな出来事』

作品番号
303815

最終更新日
2009/8/23

翻訳:魯迅『小さな出来事』

lacrima/著 ジャンル/その他
3ページ
PV数/3,317・総文字数/1,896

私が故郷を離れて都に来てから、思えばもう六年となった。その間、耳に入り目に映った、いわゆる国家の大事も、数えてみると少なくはない。けれども、そのいずれも私の心に何らの痕跡も残してはおらず、仮にこれらの出来事の影響を私に訊ねられても、つまるところ、私の嫌味な性格を悪化させたという他はない。――実を言うと、人々を毎日の笑いぐさにすることを覚えてしまったのである。
ただし、ある小さな出来事だけは、私にとって意義のあるものであった。私を意地悪な傾向から遠ざけてくれ、今でも忘れることができない。


小説を読む