ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

のどかさんの憂鬱

作品番号
1641016

最終更新日
2021/7/2

のどかさんの憂鬱

宮野原しあ/著 ジャンル/恋愛(オフィスラブ)
44ページ
PV数/81,561・総文字数/8,352

『結婚適齢期』



こんな言葉
誰が使い始めたのだろう。


30歳過ぎたら


『行き遅れ』


冗談じゃない。



だけど、こんな言葉に敏感になってしまうのは

本当は自分が不安を感じているから。



だって
結婚もしたいし、
子供だってほしい…




理想が高いわけでも


仕事人間なわけでも


家事が苦手なわけでもない。



強いて言えば
男を見る目がない…


というところだろうか。



のどかさんは、今日も憂鬱です。

あらすじ

「のどか」は、大手食品メーカーに勤める一般社員。

短大を卒業後、辛い就活を乗り切り、一般的に見ても「よい会社」と呼ばれるであろう会社に入社することができた。


入社から5年ほど経った頃、
総務部から秘書課への異動の人事が下された。


仕事はとてもやりがいはあったが、ストレスありきの多忙な日々が続いていた。


気づくと入社10年を超え、完全にお局と呼ばれるような位置に属していた。