ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

傲慢?ワガママ?悪役令嬢?それでかまわなくってよ!~聖女の力なんて使ってやるもんですか!!

作品番号
1638768

最終更新日
2021/9/1

傲慢?ワガママ?悪役令嬢?それでかまわなくってよ!~聖女の力なんて使ってやるもんですか!!

七瀬ごご/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
98ページ
PV数/130,414・総文字数/73,325



 セリカ・アシュ・フィールド辺境令嬢

 男を侍らせ傲慢でワガママで悪役令嬢な聖女
   
 ×

 オウガ・ディスタール騎士

 聖女の悪行に眉間に皺を寄せ睨みつける護衛騎士



 ***

 

 人々から嫌われる聖女。

 それでも良いと口角を上げ、炎のように赤い瞳を揺らす聖女セリカ。

 私はこの国の悪女となってやる。

 「傲慢?ワガママ?悪役令嬢?それでよろしくってよ」高笑いを見せる。それは本当の姿なのか?

 聖女の力とは?悪魔のギフトとは?


「セリカ、もうあなたを一人にはしない」

「命に代えてもあなたを守りたい」


 誰か助けて……。

 セリカの瞳が涙で揺れる。

 それを拭ってくれるのは……。








あらすじ


 王城の一室にて繰り広げられる不逞な光景を眺め、眉間に皺を寄せるオウガ。オウガの見つめる先では、聖女セリカ・アシュ・フィールドが不適に笑っていた。

 聖女の力を持って生まれた令嬢は男を侍らせ、ワガママ放題。聖女がなぜその様な悪行を続けるのか?

 その理由を知ったときオウガの心に芽生えるのは同情か?哀れみか?それとも……。

「一体あなたは何がしたいんだ」






小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)