ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

二度目まして、初恋

作品番号
1630906

最終更新日
2021/3/22

二度目まして、初恋

炭酸水。/著 ジャンル/恋愛(その他)
35ページ
PV数/99,951・総文字数/22,493

 
酔った故の過ち、なんて
馬鹿の言い訳だと本気で思っていた


「…………え、何、ど……え?」

「あ?」

「え?」

「記憶ねぇとか言うなよ」

「え?」

「合意だからな。合意」

「え?」

「無理矢理じゃねぇぞ」

「え?」


だからこそ、これは夢なのではないのかと
頬をつねるなんて馬鹿丸出しの行動を取ったのだろう


start&end 2021 03 22

 


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)