ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

男装乙女は一途な愛に甘やかされない。 ~甘々ストーカードラゴンと女騎士の攻防戦~

作品番号
1630770

最終更新日
2021/2/27

男装乙女は一途な愛に甘やかされない。 ~甘々ストーカードラゴンと女騎士の攻防戦~

蒼凪みごう/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
2ページ
PV数/554・総文字数/2,035

人間と竜人の二種族が暮らし、竜王の“全てを視る力”によって平和が保たれているラスタバン王国。
竜星騎士団の紅一点であるジヴルには悩みがあった。
普段は凛々しく振る舞っているが、ジヴルは休日になると友人ロンドベルトの協力の元、可愛くお洒落をして街へ出かける。女性であることを忘れないためにしているのだが、その秘密をドラコと名乗る怪しい男(竜人)に知られてしまったのだ。
「俺はそういうギャップに弱いのだ。ジヴル、私の嫁になってくれ」
「断る!!」
以降、事あるごとにジヴルの前に現れるようになった彼にうんざりしつつも、その度に甘やかされることに戸惑いを隠せない。
いつか聞いてしまった同僚ヴァンの『ジヴルは有り得ない。恋人にするなら女性らしい子』の言葉がジヴルの心を縛りつけていた。
ある日、ドラコから竜王祭に一緒に行こうと誘われる。
『俺のためにお洒落に着飾った君が見たい』
しかしひょんなことからジヴルは彼が竜王ドラコニスであることを知ってしまう。
竜王は代々一定期間中に番(つがい)を見つけなければ、力を失ってしまう。現に力は薄れ始めていた。
それを知ったジヴルは『力を取り戻すために自分を利用していた』と勘違いする。
祭り当日、ロンドベルトと出かけたジヴル。
しかし祭りに乗じて事件が起きる。竜に統治されることをよしとしない一派が行動を起こしたのだ。
事件を鎮めるためジヴルも剣を取る。可憐な美女の剣捌きに誰もが圧倒されるなか、この事件を起こしたのがヴァンと知り、ジヴルは彼と対決する。
しかしピンチに追い込まれ、ウィッグが取れて正体を知られてしまう。
『それは女装のつもりか?』『所詮女は男に勝てない』とヴァンに嘲笑われ斬られる寸前、駆け付けたドラコに助けられる。
『彼女は可憐な一輪の花』『大地に深く根を張り咲いているから彼女は強いのだ』と言うドラコの言葉に励まされ、ジヴルはヴァンに勝利する。
事件が収束に向かう中、民衆の前で『女性が率いる騎士団』を結成することをドラコは宣言する。ジヴルのおかげで近年騎士を目指したいという女性が多いらしい。その騎士団をジヴルに率いて欲しい、そして自分と番い傍にいて欲しいと彼は告白する。
龍王の力が薄れる一定期間とは恋をしているあいだのことだった。
『心から君を愛している』
ジヴルは彼の告白を受け入れ、一年後『華竜騎士団』を率いる竜妃が誕生した。

あらすじ

男装騎士のジヴルは、ある日ひょんなことからドラコと名乗る怪しい龍人の男に秘密を知られてしまった。
『俺はギャップに弱いのだ。嫁になってくれ』
『断る!』
以降彼はことあるごとにジヴルの前に現れては、甘やかしてくる。
強く凛々しい乙女とストーカー男の攻防戦が始まった。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)