ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

支えてくれてたのはジブンだったって話

作品番号
1628245

最終更新日
2021/1/31

支えてくれてたのはジブンだったって話

雨音麻央/著 ジャンル/その他
37ページ
PV数/338・総文字数/2,352

幼稚園年中からずっとピアノをやってきた。
発表会にも出た。


中学で吹奏楽部に入ってコンクールにも出た。
ピアノもまだ続いてた。


高校は音楽科の学校に通った。
定期演奏会で沢山演奏した。


大学は音楽大学に進学した。
何回も上がる舞台。
それでも慣れないピリッとした空気。

あらすじ

幼稚園年中からずっとピアノをやってきた。
発表会にも出た。


中学で吹奏楽部に入ってコンクールにも出た。
ピアノもまだ続いてた。


高校は音楽科の学校に通った。
定期演奏会で沢山演奏した。


大学は音楽大学に進学した。
何回も上がる舞台。
それでも慣れないピリッとした空気。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)