ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

きみは僕の正しい光

作品番号
1623929

最終更新日
2021/1/12

きみは僕の正しい光

今嶌ろね/著 ジャンル/その他
30ページ
PV数/1,306・総文字数/29,303

 









きみは僕の正しい光











あらすじ

幼馴染みの那由多は知恵遅れで、頭のネジがひとより3つも4つも足りていない。だから幼稚園の頃にまだ言葉も喋られなかったし、やっと喋られるようになったのは小学生に上がってからのことだった。それが理由で周りから揶揄われるのを、私はいつもかばっていた。だから那由多は私に懐いたけれど、同時に私は那由多が嫌いになった。那由多はバカなくせに見目が良くて、からかわれても笑っている。それが実に私の癪に障るのだ。


小説を読む

NEW!!