ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

(仮)  【純愛DAYS〜3人のseason〜】

作品番号
1582979

最終更新日
2020/1/19

(仮) 【純愛DAYS〜3人のseason〜】

詩步/著 ジャンル/恋愛(純愛)
134ページ
PV数/663・総文字数/41,128

【 純愛DAYS〜恋×愛LOVE Diary〜 】の続編ですが、
〈サイドストーリー)です♡


【純愛DAYS〜3人のseason】

















高校時代に、再会した誠実と光里は中学時代からのクラスメイト…


本編であるように光里に猛アタックする夏から、
誘うことすら出来ないウブな誠実を助けたのは…
阿佐航大



『お前、誘って行かないと。実らないぞ』

〈阿佐航大〉
   

×

『お祭りとか、花火でもしない?』

〈日向誠実〉


×


『うん。良いね。夏だもんね…』

〈十和田光里〉



その言葉をきっかけに3人は絡んでいたのです。


高校1年の夏から、これまでの時間の3人だけの時間をストーリーにしてみようと思いました。






2019.12.7 執筆開始です。



純愛DAYS〜恋×愛LOVE Diary〜の続編ですが、
【3人のseason】です♡


読んで頂けたら幸いです。




【完結しました】

あらすじ

春から仲良しな3人の物語り…3人のseason前編のサイドストーリーです。


本編では高校2年の秋からふたりは付き合いだしますが、

中学1年の春から光里を好きになる誠実。

声もかけられないほど好きな誠実を助けた阿佐航大は、
夏になると…誠実に代わって誘い出そうとします。

3人で遊ぶ事が日常だった事が、
誠実の成長によって変わる3人の季節も様変わりしていきました。




小説を読む