ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

私の世界を変えてくれた君へ。
書籍化作品

作品番号
1562615

最終更新日
2019/6/27

私の世界を変えてくれた君へ。

なぁな/著 ジャンル/恋愛(その他)
218ページ
PV数/841,956・総文字数/109,574

わたしはずっと、斜め45度の世界で

透明人間のようにじっと息をひそめて生きてきた。

でも、キミとの出会いがわたしを変えてくれた。


『自分のことちゃんと認めて好きになってあげなよ。

そうしないと結衣が可哀想だから』


わたしの世界を変えてくれたのは、

キミだったんだ。

『旧題 斜め45度の世界を変えてくれたのは、キミだった。』

あらすじ

中学時代、友人の裏切りにより場面緘黙症を患ってしまった結衣。
斜め45度に視線を落としてクラスの中で透明人間のよう過ごしていた。
高2のクラス替えで席が前後になったことをキッカケに藤原奏多と関わるようになる。
自分のテリトリーに入ろうとする奏多に困惑する結衣。
でも彼との出会いをキッカケにすこしづつ結衣の考えにも変化が生じる。
でも、奏多には結衣の知らない過去や彼なりの優しい嘘があった……。

好評発売中

あらすじを見る
高2の結衣は、親友に裏切られたトラウマから、限られた人以外の前では言葉が出なくなってしまう“場面緘黙症” に悩んでいる。とくに、学校ではまったく話すことができないため、友達づくりを諦めていた。ところが新学期、クラスの人気者である奏多に声をかけられる。まるで会ったことがあるみたいに「結衣」と呼び、「二人っきりで話そう」と優しく話しかけてくれる奏多のおかげで、結衣の心の傷は少しずつ癒えていく。だけど奏多には、身近な人が亡くなる予知夢を見てしまうという秘密があって…?

小説を読む