ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

崩れたと思っていた青春の先は

作品番号
1558895

最終更新日
2019/5/18

崩れたと思っていた青春の先は

萌葱陽彩/著 ジャンル/青春・友情
14ページ
PV数/510・総文字数/6,781

俺は、とにかく学校が嫌いだ。勉強はもちろん、先生や部活も嫌い。

そんな俺は、親の異常な期待のせいで高校に入学した。

学校が終わったら、さっさと帰って、部屋に閉じこもってゲームをしている――という訳ではなく、強制的にとある部活に入らされて――。

それが俺の学校嫌いを直すきっかけになり――。


小説を読む