ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

午後三時のラーメン屋。

作品番号
1557249

最終更新日
2019/5/3

午後三時のラーメン屋。

GCU/著 ジャンル/その他
3ページ
PV数/40・総文字数/390

碧羅結はウォークマンでスガシカオを聴いている。

スガシカオのアルバム。
地域社会を碧羅結は思う。東京に行きたかった人々のことを。

街を歩く。

午後三時のラーメン屋。
海からの潮風。気持ちいい。

生きているって何だろう?


小説を読む