ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

君に会いたいと叫んだら

作品番号
1544671

最終更新日
2020/3/17

君に会いたいと叫んだら

十六夜 零/著 ジャンル/恋愛(純愛)
5ページ
PV数/11・総文字数/3,026

私は只助かったとしか思って居なかった。
貴方は助かって居なかったみたいだった。

あらすじ

中学生の時に恐怖が拭えない時に
その恐怖から助けてくれた恩人は、
高校生に成ったら先輩として、
同じ学校に居て…

『先輩…私も助けさせてよ…』


この小説の宣伝エアラブ

小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)