ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

【短】水に挿した花

作品番号
1525635

最終更新日
2018/11/14

【短】水に挿した花

来栖璃稀/著 ジャンル/恋愛(純愛)
17ページ
PV数/791・総文字数/5,212

そよそよと凪ぎる風に。


身を任せるようにして舞う。



それは、



可憐な花のような人でした。



「キミ、そんな所にいたら危ないよ?」

「平気よ。慣れているもの」



海沿いの細い小道で。

キミとボクは出逢った。


それは、きっと。


偶然じゃなくて。


神様も唸るような、必然だった。


何処までもボクを魅了して止まない。
誘うようにして風に舞うキミの姿。


儚さを孕んで。
その熱を感染して。

ボクの瞳をキミだけで焼き付けて…。


小説を読む