ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

新選組と封印された天狗少女

作品番号
1522163

最終更新日
2018/9/28

新選組と封印された天狗少女

白瀬らむ/著 ジャンル/歴史・時代
7ページ
PV数/516・総文字数/4,089

「おのれ人間!我を捕まえてどうするつもりじゃ!」


人間嫌いの天狗。



「我はお前らにすべてを持っていかれたのだぞ!」



「今日からお前は俺のペットだ」



ツンデレ天狗少女を拾ったのは天才剣士、
沖田総司。




「お前らに出会えてよかった」




新選組の温かさにふれて、
変わっていく天狗。



「新八…助けて……」




だが、その温かさに触れて、
封印されていた能力が解放されてしまう。




「こんな我を好きになってくれて、



ありがとう」




「死ぬ時は、お前も道連れだ……!」



*:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ


ツンデレ天狗少女
千夜(ちよ)



優しい天才剣士
沖田総司


馬鹿まっすぐな、犬系男子
永倉新八


俺様系、ドS男子
土方歳三


ロールキャベツ男子
斎藤一


*:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ


小説を読む