ケータイ小説 野いちご

エリート上司の裏の顔

作品番号
1482795

最終更新日
2019/9/15

エリート上司の裏の顔

cheeery/著 ジャンル/恋愛(オフィスラブ)
88ページ
PV数/71,708・総文字数/42,436



仕事も出来て、ルックスもよくて、
性格まで完璧な上司がうちの会社にはいる。




「一ノ瀬さんが好きなんです」

「ごめんね。申し訳ないけれど、今は仕事の方に専念したいから」


……いや、いた。

という方が正しいだろう。



「チッ、面倒くせぇな。
女は優しくするとすぐこれだ」



デキる上司は裏の顔と表の顔を使い分ける

悪魔でしたーー。



「口止め料、何がいい?」

「お前バカだろ。

男は好きって言われるより嫌いって言われた方が燃えるんだよ」













小説を読む