ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

恋をしたのは猫王子

作品番号
1482105

最終更新日
2018/1/20

恋をしたのは猫王子

linal/著 ジャンル/恋愛(純愛)
3ページ
PV数/64・総文字数/507

*:.。..。.:+・゚ ・✽:.。..。.:+・゚・

あたしにとって王子様は

憧れの存在だった

いつかおとぎ話のような王子様に
出会えたらって

そんな夢をいつの間にか抱いていたの。

だって女の子だもの

夢くらい見たってバチはあたらないわ


*☼*―――――*☼*―――――

''王子様''

そんなのはおとぎ話の中だけだった

毒舌猫王子VS夢見る女

『おい、女勝手に入んじゃねぇ』

「言葉使い悪いですよ、もう少し王子様らしくしたらどうですか?」

『俺に指図すんな、犯すぞ』

「こんなのが王子なんて信じられません」

『お前が勝手に夢見てるだけだろうが』

*☼*―――――*☼*―――――
傲慢で我儘で自己中で

おとぎ話に出てくる王子様とは大違い

でも

こんな人でも良いところがあって

♡━━━━━━━━━━━━━━━━━━♡

『俺から離れんな』

「意味わかんない…」

『俺はお前を傷つけねぇから』

抱きしめられるその腕は力強くて

とても暖かい。

♡━━━━━━━━━━━━━━━━━━♡

どんだけ嫌って思っても

傷ついても

最後はやっぱり貴方がいいって心の底から
思うんだ。


小説を読む