ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

月と男と泡沫と

作品番号
1457079

最終更新日
2017/9/11

月と男と泡沫と

@さぼてん/著 ジャンル/恋愛(純愛)
1ページ
PV数/5・総文字数/1,482

海には、金色の光を放つ満月の月明かりのみが差していた。細かで真っ白な、誰もいない砂浜に一歩踏み出せば、ぼふっとなんとも気の抜けた音を出す。それがなんだかおかしく、男は微笑みを浮かべ、片手で少し砂を掬う。さらさらと手から零れ落ちてゆく砂は、昼間の太陽の熱がまだ覚めておらず、心地の良い温もりを孕んでいた。
ざざあん....ざ、 ざざあん....
波の音は、途絶えること無くなり続ける。
男は、海にはそれ以上近づこうともせず、真っ白い砂浜に座り込むと、とても穏やかな笑顔を浮かべ、そこには誰もいないと言うのに、まるで誰かに語りかけるように口を開いた。
『こんばんは、聞こえるかい?人魚さん。』
誰もいない砂浜。当然返事があるはずもなく、シンとした静かな時が流れる。しばし波の音を聞いていた男は、何を思ったのか満足そうに頷く。
『今日は、そんなに長くはいられないんだけど、ほら、折角綺麗な満月だから。人魚さんと一緒にみたくてさあ。』
やはり、返事はない。男の目線はすっと上がり大きな満月を向く。そこに【人魚さん】の姿は見受けられないが、それでも男に言わせれば【人魚さん】は確かにそこに存在した。
男が言うに、【人魚さん】には足がない。【人魚さん】には声がない。【人魚さん】には姿がない。だか、それでも存在した。いいや、存在している。

さあ、今語ろう。この男と【人魚さん】のお話。海へ溶け、語られなかった物語を。


小説を読む