ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夏空と、ボールと、君と。

作品番号
1449129

最終更新日
2017/8/11

夏空と、ボールと、君と。

夜乃なか/著 ジャンル/恋愛(純愛)
15ページ
PV数/12,992・総文字数/5,000

炎天下の下、君はグラウンドを駆け抜ける。

舞い上がるボール、周りに飛び散る君の汗。


高校3年、私たちにとって最後の夏がやって来た。

「俺はこの学校で、甲子園に行く」

マネージャーの私が毎日飽きるほど耳にした君の台詞。

言葉どおり君は、毎日夜遅くまで練習を続けた。部員が皆帰っても、休憩もせずにバットとボールを手放さなかった。



かつて昔、私は君と野球をしていた頃があった。君が野球の才能に目覚め始めたのは1つの野球アニメがきっかけで。

君の野球の才能は私よりも随分優れていて、中学校は野球の強豪校に入学するために、君は隣町に引っ越した。君は私とは程遠い世界に行ってしまった。いつしか私も野球をやらなくなっていた。

アニメの主題歌だった曲の歌詞のワンフレーズ。君と私はその歌詞がとても、好きだった。

”グラウンドに輝く エースナンバー
僕は君と此処まで来たんだ
見つめる先は勝利しかない
此処に来た証をグラウンドに 刻め
君と目指した夢の舞台 いざ舞い上がれ“

これはマネージャーである私、羽見 天音(はねみ あまね)が、幼馴染で、今は野球部主将を務める期待のエース 七宮 駿太郎(ななみや しゅんたろう)に恋をするお話。







小説を読む