ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

眠り王子が完璧に目覚めたら

便葉*binha*/著)

作品番号/1446794
ジャンル/恋愛(オフィスラブ)
PV数/460,613
最終更新日/2017/9/15
[160ページ (完)]




俺は起きているのに眠っているらしい

喜び、怒り、哀しみ、
楽しみ、愛しみ、憎しみ…

一般的に言われる6種類の感情が
俺には存在しないという


冷徹人間、ロボット室長、
こけしの上をいく無表情、
仮面の下もまた仮面、etc

たくさんのあだ名がついているのも知っている


だから何?

仕事ができてお金を稼げてそれ以外に何がある?




大学の時の親友と飲みに行った帰り
結婚を控えた友人につき合って
“新宿の裏通りの母”という
怪しげな占い師の元を訪れた

親友を見ていたはずのその裏通りの母が
急に俺を見て声を上げた



「そこ!そこにいる眠り王子!

あんた、そろそろ目覚めるよ
満月の夜、突然出会うから覚悟しときなさい」


は?
わけが分からないんですけど…?




安達城-アダチジョウ-29歳
イベント制作会社 Kalet
空間デザイン室長兼アートディレクター



小牧翼-コマキツバサ-25歳
イベント制作会社 Kalet 
空間デザイナー(初心者)





眠り王子が目覚めた先は??















小説を読む