ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

この夢がさめても、君のことが好きで、好きで。
書籍化作品

作品番号
1441000

最終更新日
2017/8/31

この夢がさめても、君のことが好きで、好きで。

小春りん(Link)/著 ジャンル/恋愛(純愛)
35ページ
PV数/225,145・総文字数/10,612

この小説の関連動画

 
 


『 君は僕の、鼓動そのもの 』



【 第三音楽室 】


世界から切り離されたその場所が

たったひとつの、居場所だった。


閉じた瞼、聴こえる音。

高鳴る鼓動……君の声。



「好き」って、ただ、それだけだったよ。


だけど、「好き」って気持ちが、


もう一度、奇跡を起こす力をくれた──。


*



.


●書き下ろし作品のため
試し読み公開となります


▷縦書き単行本書籍化(小春りん 名義)
▷イメージソング『君に聴かせたい』
収録アルバム発売中
▷『君に聴かせたい』MV公開中

  

好評発売中

あらすじを見る
「好き」って、ただ、それだけだったよ。その気持ちが、奇跡を起こす力をくれた――。鎌倉の高校に通う七海は、あることが原因で、人前で大好きなピアノを弾けなくなった。高校に入学してからは、誰も寄りつかない“第三音楽室”でこっそりピアノを弾くことが日課。しかし、いつの間にか現れた“ユイ”と名乗る男子に、「君のピアノ、好きだよ」と言われ、彼のためにピアノを弾くことに。それ以来、“第三音楽室”はふたりにとって大切な場所になる。だけど、ユイは切なすぎる秘密を抱えていた――。

小説を読む