ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

箱庭の世界

作品番号
1424264

最終更新日
2018/11/24

箱庭の世界

☆スピリタス★/著 ジャンル/ホラー・オカルト
18ページ
PV数/350・総文字数/7,575

囚われたのは私か、貴方か。

「──このままここにいたって無駄死にするだけ。死ぬなんて勿体無いわ。私についてこない?一度捨てた命なら私の為に生きなさい」

「死が二人を別つまで?いやいや、死んでからもずっと一緒だよ。俺達は未来永劫片時も離れることなく、永遠に一緒」

最後にほくそ笑むのは誰か。

「可哀想に。あんな化け物に捕まって」

「それは、どうかしらね?」

化け物?

それはどっちが?

可哀想?

本当に?

捕まった?

どっちが捕まえた?

「世界中の全ての人間が仁を嫌いになればいいのに。嫌われて怖がられて、仁に居場所なんか無い。帰るところも無い。仁は孤独なの。誰にも仁を理解することはできない。仁を理解しようと思わないで。理解出来なくていいの。仁を理解できるのは私だけ。私を理解できるのも仁だけ。仁は本物のバケモノなんだから」

「どこに寄り道してもいいよ。どこへいっても俺からは逃れられない。世界中、いや宇宙の全てを把握して地の果てまで追いかけて行くからね。逃げる獲物を追い詰めて捕まえる過程を楽しむのもまた一興だ。最後には必ず俺の元へと戻ってくる。なな自らね」

「私は放し飼いしているだけ。私の広い庭に放して言動を観察しているの。世界中の全てが私の庭よ。雨が降れば中に入れてあげるし、目の届く範囲内なら自由に行動させているわ。ただし、逃げ出すことは許さない」

「なな、ななにとって俺はななの一部なんだろうね。俺が居ないとななは形成されない。けれどね、なな。俺にとってはななは俺の全てなんだ。ななが居ないとそもそも俺は存在自体していないから。俺を生かした罪は重いよ。責任、とってくれるよね?」

痛みを分かち合い、罪を共有し、秘密をお互いの墓場まで持っていく。

それは、幼い日の誓いだった。

「俺が死んだらななが死ぬ。ななが死んだら俺が死ぬ。ななを殺すのは俺で、俺を殺すのはななだ」

あの日、私達は契約を交わした。

「───俺達は共犯者だ」

誰にも汚されることのない泥にまみれた淡い約束。

「────それでいい。それがいいの。おいで、仁」

貴方を救ったのは私で、私を助けたのは貴方だった。


小説を読む