ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ダンジョン・メイク・オンライン

作品番号
1342755

最終更新日
2016/7/10

ダンジョン・メイク・オンライン

梅巻/著 ジャンル/ホラー・オカルト
8ページ
PV数/168・総文字数/2,537

2025年



スマホアプリ業界は衰退化を迎えていた。



これまでのゲームは全て売り上げを上げれなくなり、たった一つのゲームが圧倒的な人気を誇っていた。



そのゲームの魅力は人工知能。



ガチャで手に入るモンスターは全て人間と同じ感情を持っていて、自由にモンスターと会話をする事が出来る。



モンスターと会話をして楽しむも良し



数万種のモンスターをコレクションするも良し



自分のダンジョンを無敵の要塞にするのも良し



その美しいグラフィックに魅入るのも良し



他プレイヤーとの交流を楽しむのも良し



売買機能でリアルマネーを稼ぐのも良し...





そして今、18歳の女の子がダウンロードをすることから物語が始まる...




『お前に分かるか? 命をかけて戦ってる俺たちの気持ちが』



『うるさいな、私はゲームをしてるの』




複雑に交わる人間とプログラムの感情。




その果てに見える物とは...?


小説を読む