ケータイ小説 野いちご

忘れることのない10日間

作品番号
1321726

最終更新日
2016/4/14

忘れることのない10日間

希-nozomi-/著 ジャンル/恋愛(純愛)
4ページ
PV数/23・総文字数/1,466

「俺に残った時間は後10日間なんだって」

クラスメートの響が泣きながら私に言った。
響がいる毎日が私の日常で何がなんだかわからなくなった。


だけど、一つだけ



「響に残った時間、精一杯楽しくさせたいです」


私の一つのわがまま、聞いてください


小説を読む