ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

失恋にはバリスタ王子の恋ラテをどうぞ。

作品番号
1315012

最終更新日
2016/4/9

失恋にはバリスタ王子の恋ラテをどうぞ。

涙鳴/著 ジャンル/恋愛(その他)
116ページ
PV数/149,216・総文字数/53,231

「もう、お前には魅力を感じない」

恋愛小説家てある桐谷 林檎(きりたに りんご)は27歳の誕生日に、高校時代から付き合っていた彼氏に振られた。


「もう絶対恋なんてしないし、男を信じない」


そんな時、いつも通っていたカフェのイケメン、バリスタ王子こと泉澤 翔(いずみ しょう)26歳と出会う。


「おい林檎、俺とデートしろよ」


失恋して恋に臆病な林檎に、翔はぶっきらぼうなのに強引にデートに誘ってきて…!?


バリスタ王子との甘くて苦い恋、始めませんか?






小説を読む