ケータイ小説 野いちご

いつか私の罪滅ぼし

作品番号
1311602

最終更新日
2016/3/11

いつか私の罪滅ぼし

いずみ 周/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
2ページ
PV数/11・総文字数/1,661

ー2017年の夏。東京に3人の友達と旅行中の大学生。来栖 集(20)。

突如起こった災害に巻き込まれ短い人生に幕を閉じてしまう。

しかし目を開けると災害が起こる前の綺麗な東京がそこにはあった。

周りを見ると20人程の人間もいる。しかし目線は来栖 集の後ろ側を見ている。
振り向くと黒い影のようなモノがいた。

その影から声が聞こえる。

『罪を重ねて強くなれ・・・そしてこの世界で生き残ってみせろ・・・』


小説を読む