ケータイ小説 野いちご

双子座流星群

作品番号
1309177

最終更新日
2016/3/9

双子座流星群

れんれ/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
10ページ
PV数/103・総文字数/8,582

おい 元兄‼(月狼、読み ルミナ)


俺の代わりに 彼女(日向)の相手とデートしてくれないか?


はあっ?

デートぐらい自分で行けば良いじゃないか‼

何で僕が太陽の彼女とデートしなくちゃいけないんだよ‼


良いじゃん どうせ暇なんだろう元兄‼

頼む‼

このとおり!


何でだよ‼


だって俺 彼奴苦手だし‼

それに

俺 これから デートがあるから!


なに言ってんだよ‼

言ってる意味わかんねぇし‼

サゲサゲ


そうして…………………………………


二次元以外の女子しか知らない 僕は ひょんな事から 三次元の女子とデートをすることとなった。

太陽の代打として!


小説を読む