ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

地上調査団の記録

作品番号
1294917

最終更新日
2016/1/17

地上調査団の記録

りっぺん/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
0ページ
PV数/0・総文字数/0

地上捜査団 ①


その日、彼らは思い出した。

彼らには巨人なんかより

よっぽど大きな敵がいた事を…




ーーー

「戦闘準備!!」

そう多きな声で叫ぶのは私だ。迷わず、腰に下げてある物を握り、目標にむける。

「目標目の前!人間!こちらの軍は30000、あちらは15000!!恐れることはないっ!死ぬ気でいけえぇぇぇぇ!!!!」

馬を走らせる。急がなければならない。何故かはわからない。しかし、急がなければ。おー!と、歓声が上がる。人間が、次々と死んでいく。赤い血が流れる。

ーーー

ーー



─インクロージャ第二階層リオペガム地区─

目が覚める。そこには見慣れたかなり近い天井があり、先程までの戦場は消えていた。

「夢…か……」

嫌にリアルな夢だった…それが今回の感想だ。思い出しただけで気持ち悪くなりそうな死体の山。うえっ。顔を洗ってうがいをしてこよう。

ベットから降りたら、お母さんがご飯の用意をしていた。今日もいつも通り、肉と、目玉焼きと、きのこのスープ。お父さんも、いつも通りチラシを読んでいる。回ってきたのだろう。そして、こんなことを言う。

「やっぱり、地上人は見つからないみたいだよ。」

それに対して、お母さんが言う。

「仕方ないですよ。璧外軍人さんも大変なんでしょう。それに、だから私達も
行くんでしょう??」

それに対して違和感を覚える。行く?どういうことだろう。

「お母さん。行くって?」

すると、お父さんが嬉しそうにいう。

「実は父さんたちな、今度地上に行くんだ。璧外軍の地上調査班の手伝いで
ね。募集されてたからすぐに立候補したよ。」


ーーーーーー


その後、両親は帰ってこなかった。巨人とやらに食べられたのかもしれないし、それ以外の理由かもしれない。実の親に対して不謹慎かもしれないが、あまり実感がなかった。悲しくも…なかった。ただ、両親がいなくなっただけ。私には両親以外血縁者がいなかったのでひとりっらしになったものの、
生活は特に変わっていない。
ただ……孤独にはなってしまった。一人での生活。人はまわりに山ほどいるはずなのに、一人に思えた。
そのうち13歳になって軍に訓練に行けるようになったので、何となく行ってみた。友達なんてものは出来なかったが(これは昔からだ)、主席で卒業し、進められるがま


小説を読む