ケータイ小説 野いちご

ヤンデレ乙女ゲームから出られなくなりました

作品番号
1285746

最終更新日
2015/12/21

ヤンデレ乙女ゲームから出られなくなりました

柴崎安五/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
1ページ
PV数/583・総文字数/771

ヤンデレ乙女ゲームをプレイしていたら、いつの間にか画面の中にログインしてました。
別に美少女ヒロインになり替わったとか、そんなチートな設定じゃない。
二十三歳彼氏なしの私のスペックそのまま、ゲームの舞台である魔界の学園に降り立ったのだ。
周りはヒロイン以外全員人外。
しかも攻略対象全員ヤンデレバッドエンド持ちの、超ナイトメアモードだ。
……その上十八禁。

疲れたolの癒しタイムがどうしてこうなった。

え?ヒロインが特定のエンディングを迎えれば元の世界に帰れる?
ちょ、学園全滅エンドがゴロゴロ転がってるんですが!!

手には魔法書に擬態したゲームの攻略本が一冊。
これでヒロインを大団円エンドに導けば良い様だが、この世界はまごうことなき「現実」だった。


小説を読む