ケータイ小説 野いちご

愛されたのは。

作品番号
1263789

最終更新日
2015/10/11

愛されたのは。

69 rock/著 ジャンル/恋愛(その他)
0ページ
PV数/0・総文字数/0






彼の瞳に映ることが出来たのは私じゃなかった。



彼が愛してやまないのは私じゃなかった。




それでも彼を愛することをやめられないのは、彼を愛してしまったから。




私を見て?私はここよ?




届かない彼を追いかけても届かないのに、届けと願うのは罪かしら?



私 を 、 愛 し て 。











小説を読む