ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

抱き寄せて、キスをして《短編》

作品番号
1251040

最終更新日
2018/2/15

抱き寄せて、キスをして《短編》

友崎沙咲/著 ジャンル/恋愛(オフィスラブ)
108ページ
PV数/559,061・総文字数/27,512

「あ、私知ってるよ!昔、お祖母ちゃんが歌ってた」

「えっ?」

「『岩壁の母』でしょ?!」

「え。俺は『岩窟の聖母』って言ったんだよ。絵画だよ」

へっ!?

「岩窟の聖母はね、空気遠近法が使われてるんだ。レオナルドの」

「空気??あの人、多才なんだね!俳優だけでなく」

「俺が言ってるのは、レオナルド・ダ・ビンチなんだけど。君が言ってるのはハリウッドスターだろ?」

「……もうやめたっ!」

「え?」

「だから、アンタを狙うのやめる。面倒臭い」

「…………」

*******************

「……俺達、体だけの関係?」

「いーじゃん。私、ダサい男のアンタなら、気ぃ使わないでいーし、楽だし」


*******************

好きな言葉は『棚からぼた餅』
白石 アンナ(25)

好きな言葉は『有言実行』
中山 新太(25)



ただの同期だったふたりに何が?

◇◇◇◇2015.9.11end◇◇◇◇



小説を読む