ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

猫の飼い慣らし方

作品番号
1177167

最終更新日
2015/3/23

猫の飼い慣らし方

ciel°/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
18ページ
PV数/70,217・総文字数/8,792

俺は一匹狼の彼女に



……訂正。一匹の猫に一目惚れした。



「美都ちゃぁぁぁん!」


「………」



「えっ、無視なの!無視しちゃうの?
酷くない!?」



「……先輩黙りやがれです。」



ちゃんとした敬語を使えない猫ちゃん


本人曰く、これは敬語らしいけど……



「美都ちゃん、今日も会いに来たよ!」


「……先輩消えやがれです。」


「もぉ照れちゃってー。そんな美都ちゃんも好きだよ」


「……気持ち悪いです、このヤロー。」


警戒心の強い、この猫を


どうやって手懐けようかなー?


「俺泣いちゃうよ!」



「勝手に泣きやがれです。」






小説を読む