ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

あなたを好き

作品番号
1062744

最終更新日
2014/6/16

あなたを好き

トーマスだいこん/著 ジャンル/恋愛(学園)
0ページ
PV数/0・総文字数/0

いつもどおりの朝、七時に目覚ましがなり、階段を降りるとニュースがついていて次のニュースにかわったときに友達を迎えにいく。
玄関をあけると、家よりすこし肌寒い風が制服を通り私の肌までとおる。
そして、友達の家までいき、古いインターホンをおし、焦っている友達を待ち5分ぐらいまつとまだ、くくっていない髪が風にゆられ、『おはよう!』と言って靴を履きながらでてくる。
いつも通り、毎日が変わらない、友達の愚痴をきいて、教室に入るとまた友達と話して、授業がはじまり、いつも通りで当たり前で、それがまた不自然で
11月10日この日は必ず忘れない、忘れられない、この日から私のいつも通りの日は終わってしまった、


小説を読む