ケータイ小説 野いちご

茜色の光線

作品番号
1046

最終更新日
2007/6/13

茜色の光線

楼子/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
0ページ
PV数/0・総文字数/0

始めの香りは、




『私を見て』




その香りが少し変化して、




『私に触れて』




それから最後に、




『私を忘れて』




それが私の香り。


小説を読む