ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

青き狼、赤き龍

作品番号
1023803

最終更新日
2015/6/27

青き狼、赤き龍

臺夜/著 ジャンル/歴史・時代
108ページ
PV数/66,136・総文字数/9,076

「空からおなごが落ちて来よったから、天使でも降ってきたかと思ったぜよ!」


「また会ったのぅ!おんしとは糸で結ばれちょるんかもしれんなぁ!」


「お前はまっこと可愛いのぅ」


「わしはこの日本を変える男じゃき。どがな危険なことになるやもしれん。...わしのそばを離れるんじゃ」




好きになったのは



好きになってはいけない人でした。




「おめぇさんに、あいつのねき(隣)は重すぎる」


「...あいつが望んじゅうのは、貴殿が誰よりも幸せになることやか」


「お前は俺たちの敵なのか?」


幕末期の、攘夷志士が奮闘する時代。


あの有名な新撰組が駆け抜けたあの時代。


そんな時代の中、私が好きになったのは



「海璃、愛しちゅうよ」



ちょっとバカで、平和を愛する、優しい貴方でした。


小説を読む