ケータイ小説 野いちご

白雪姫と冷艶貴公子

作品番号
1018835

最終更新日
2014/6/5

白雪姫と冷艶貴公子

アンジェ。/著 ジャンル/恋愛(学園)
24ページ
PV数/164・総文字数/8,074



第一印象は、最悪だった。でも、もっと彼の事を知りたくなった。


私の恋の色は何色なのだろう?




******************

「あなたの目からはレーザービームでも出ているのですか?」

ハーフでフランス人形の様な美貌を持つ、クラス委員長。

白石 雪(シライシ ユキ)
通称“白雪姫”


×



「...バカか...。」

美しい過ぎる顔立ちと冷た過ぎる瞳を持つ、無口な学校のボス。

北園里 大征(キタゾノサト タイセイ)
通称“冷艶貴公子”


******************


二人の恋は一体どうなっちゃうの⁉


小説を読む