ケータイ小説 野いちご

マスクの下の甘い声

作品番号
1005539

最終更新日
2014/2/17

マスクの下の甘い声

ベリーケーキ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
3ページ
PV数/177・総文字数/498



「……ねぇ犯していい?」


いつもしているマスクの下は、声優で、綺麗な素顔と低くてかすれたような甘い声…。

その声はモデルの私の耳を支配する。

お互いの秘密を握り合った二人が校内で囁き、愛し合う。


小説を読む