ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

また俺が助けるから。

作品番号
1004875

最終更新日
2014/3/28

また俺が助けるから。

千ノ森 刀/著 ジャンル/恋愛(純愛)
11ページ
PV数/2,352・総文字数/5,455

「もう大丈夫だ」

ほら、また溺れた私を助けてくれた。



4歳年上ライフセーバー
風間颯士【Kazama Soji】


×


天性のカナヅチ
石橋桜子【Ishibashi Sakurako】



ドラマのヒロインみたいに、
甘い言葉を囁いてくる

…わけじゃないけれど。


誰よりも、好きなんです。



私だけを助けて。

って何度心の中で叫んだことか。



ねえ、風間さん。
私だけを見てはくれますか…?



「まあ、また俺が助けてやるよ」




その言葉を信じて、
私はまた溺れてしまうんです…。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ずばり!
今回のテーマは“海”!


桜子が想いを寄せるも、
風間の反応は0に等しい…。

しかも、風間を誘う女上司まで!


桜子の恋は実るのか、それとも……。


(あ、かんたん投票待ってます♪)


気になった方は
↓ポチッ


小説を読む