ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 下駄箱
    • 相合傘

    「真凜、、 どうしよう、雨降るの知らなくて傘忘れちゃった、」

    「なら結愛、私の使って? 今日日直で帰り遅くなるし、その頃には止む予報だから!」

    「でも、ほんとにいいの?」

    「早くしないとバイト遅れちゃうよ! 帰った帰った!」

    「パフェ奢るね、 真凜ありがとう!!!」

    ゆっくり教室の掃除でもしよっと!

    ...

    先生に褒められたのはいいものの、まだ雨降ってるなあ、

    こうなったら走るしかないかな?

    よしっ、、

    「何してんの」

    うわ、雨の中走ろうとしたの誰かに見られた!!
    恥ずかしすぎて、後ろ見れないよ、

    「あのですね、 これには訳が、、って
    え? 柊くん!!??」

    「入れば?」

    「何に、?」

    「傘、駅までは一緒だろ。 早く」

    「えっと、、ありがとう、お邪魔します、」

    ...

    (真凜まじで可愛すぎだろ)

    (柊くん優しいすぎ、、)

    ゛2人の恋はこれから ゛

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

kaori.w

【会員番号】885571

【誕生日】春頃

【自己紹介】社会人。小心者です。
 小さなころから言葉が好きで、苦しい時も楽しい時も言葉に助けられてきたような気がします。私が私でいるために、書いていくのは自然なことだと思って、書いています。そしてそのことで世界(の人々、ではなく)とつながっていけたらいいのに、と思っています。
書くことも読むことも大好きです!

【生まれたところ】海の近く

【血液型】AB+O=?

【身長】平均より小さい

【体重】平均より重い

【足のサイズ】ちっさい

【握力】ほぼない

【髪型】ミディアム(伸ばし中)

【趣味】読書

【特技】気配を消す

【性格】自分でもびっくりするほど小心者

【持っている資格】運転免許など

【好きな言葉】一心岩をも通す

【好きな女性のタイプ】のんびりしてる人、あまり気にしない人

【よくやるくせ】髪の毛をぎっちぎちにしばる

【口ぐせ】言葉に「ちょっと」をつける

【カラオケでよく歌う曲】音痴なので行けない。あと閉所恐怖症も少しあって。

【嫌いな食べ物】生魚

【嫌いな教科】数学

【好きなテレビ番組】世界の果てまで行ってQ

【好きな映画】LEON

【好きな音楽】YUKI

【好きなコミックや雑誌】リンネル

【好きなキャラクター】猫もの

【好きな場所】海

【好きな人の名前】すごい質問だ

【好きな季節】秋

【とっておきの時間の過ごし方】教えてほしい

【手放せないもの】スパークリングウォーター

【マイブーム】ブレスレットづくり(去った・・・)

【今一番欲しいもの】お金と時間(みんな一緒かー)

【今一番行きたいところ】広くて人のいない場所

【今一番やりたいこと】ダイエット

【最近感動したこと】オリンピック

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】交通安全!

【最近ひそかに興味があること】口笛

【最近恥ずかしかったこと】パンツを裏返しに履いていた

【生まれ変わったら?】風になりたい(遠い目・・・)

【地球があと24時間しかなかったら?】焦る

【1億円あったらどうする?】仕事を辞める

【願いが3つかなうとしたら?】かなえてもらう

【好きな人と出会いたい場所】草原

【癒されること】ネコともふもふ

【誰にも言えない秘密の話】言えない

【よく使うネットサイト】アマゾン

【よく読む雑誌】リンネル

【感動した小説のフレーズ】「知らなくていいことなんて何もない。」

【今まで生きてきて一番痛かったこと】腸閉塞

▲