ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 彼氏

    「りーか。ん。」
    彼氏の凪止がポッキーを咥えているこの状況は、何なのだろう。

    『…、何?ポッキーなんか咥えて。』

    「ポッキーの日だよ?」

    『もう終わったと思うけど。』

    そう、もう終わったのだ。何日すぎたと思っている。どうせ知ったのが最近とかなのだろう。

    「ふーんふ、ふーんふ!!(いーからいーから!!)」

    それでも我を通すところが凪止らしい。咥えているポッキーをブンブンと振っている。

    『分かったよ。』

    ポキッ、バリバリバリ。

    「あっ、折れちまったな。まぁ、いいか」

    『どうせ、キスしたいだけでしょ。』

    「あは?バレた?

    なら、目、閉じて?」

    髪の毛が頬にかかったと思ったら、唇に温もりが当たった。

    それは、チョコレートの味がした。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    「おっはよ!」
    「うわっ!びっくりしたなー」
    「へへっポリポリ」

    今日も朝から脳天気なこいつは私が今現在片想いしてるまこと。初めて同じクラスになって最初は席も遠かったけど今は何回目かの隣の人。

    私は男子が苦手だ。だけど、まこととは何故か話せる。最初はまことのことも怖かった。けど優しく話しかけてくれたり時にはイタズラしてきたりでどんどん恐怖心が消えていった。

    でもまことには5年も片想いしてる相手がいる。だから私の恋は絶対叶わない。しかも想いを告げたらこの関係が崩れてしまいそうで嫌だ。

    「なぁなぁ、ここの問題ってどー解くの?」
    「へ?私に聞く?」
    「あ、ごめん。お前に聞いた俺が馬鹿だった。」
    「いや自分で言ったけどまことに言われるとウザイなぁww」

    今日も明日もこの関係が続きますように…

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 美術室

    「はぁ…今日も久世(くぜ)くんかっこいいな…」

    私のいる美術室から、久世くんのいるサッカー部の練習場所はよく見える。

    久世くんはイケメンでサッカーも上手くてクラスでの人気者。私みたいな地味子が関われるような相手じゃない。

    だからひっそりとここから彼の姿を眺めるのが私の日課。だから雨の日なんかは寂しい思いをするんだよね。


    「ねぇ、愛桜依(あおい)はなんでそんなにリュウのこと好きなの?」

    同じ美術部の親友であり、久世くんの幼なじみである なる から聞かれる。

    「それは…助けてもらったから……」

    そう。入学式の翌日、私は登校中道に迷ってしまったのだ。そんな時助けてくれたのが久世くん。身も心もイケメンな彼に一目惚れしてしまったのだ。

    「じゃあ仲良くなればいいのに…」

    「いいの。私は久世くんを見れるだけで十分なの。」

    そう。ただそれだけで…。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

アッキーノ

【会員番号】749488

【自己紹介】子供です!
まだ十代です!
ですが、皆さんに満足してもらえるよう
頑張ります。

▲