ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後

    君は覚えてるかな。



    まだ、忘れていないかな。


    二人であの日、アンサンブルをしたこと____________。






    帰り道、歴史の授業について思い出していたら

    トリップしました。

    ......は??




    ?「俺、瑠樹が好き」


    ?「小玉、天下人の妻としてそばにいてほしい」

    ?「アンタのこと、気に入った。」

    ?「小玉さんっ、大好きです!」

    ?「御館様に手を出さぬよう、俺が見張る」

    ?「しっかり俺に捕まってろ」



    思い出せない記憶、日々更新されていく記憶。


    私は____________?




    ?「いい、この世界で全てを忘れちゃいけない。



    戻れるのは一年に一度。」



    わたしは、なにをすればいい。

    わたしは、もういやだから。

    開く閉じる

    • 同級生
    • お昼休み
    • 廊下
    • 壁ドン

    「お前、今日もパン?」
    午前の授業の終わりと同時に立ち上がると、隣の席のアイツが話しかけてくる。
    「たまには弁当つくれ、また太るぞー」
    「うるさいな」
    私は赤くなって、
    「あんたに構ってる暇ないし。
    今日こそ一番人気の焼きそばパン、ゲットするんだから」
    失礼なアイツを無視して教室を出ると、いつの間にか追いかけてきた彼が私を追い越して笑った。
    「じゃ、勝負しようぜ」
    「は!?」
    走り出した彼を追いかける。

    学食のパンはうりきれていた。
    「残念だったね」
    先に着いた彼の手には焼きそばパン。
    「よこせ、それ」
    「やだよ、俺のだもん」
    悔しくて唇をかむと、彼に廊下の壁に追い詰められる。
    「じゃあ、今日の放課後、これと引き換えにデートする?」
    「は?」
    彼は私の手にパンを押し付けた。
    「ちょ……」
    戸惑う私を置いて歩き出した彼は、隠していたもう一つの焼きそばパンを見せて、ニヤリと笑った。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 友達卒業

    彼は、友達になってくれない。

    「ありがとう」
    「こんくらい、なんてことねえよ」
    「俺らダチじゃん」
    「私たちをもっと頼って!」
    クラスメイトは学級委員の私をサポートしてくれる。みんな、優しい友達。なのに…みんなから怖がられている彼だけ、少し違う。

    「ねえ、みんなと話せば、青木(あおき)の良さ、わかってくれるって」
    「莉穂(りほ)だけで十分」
    サラッと言う、格好いい横顔に惹かれる。
    「…私しか友達いないのは嫌じゃない?」
    「何度も言うけど友達じゃないだろ」
    「なんで?」
    「友達だったら付き合えない」
    やっぱりキミは、私をおかしくさせる、問題児。
    「照れてんの?」
    フッと笑った青木には余裕がある。
    「莉穂、こっち向けよ」
    私の手をグイっと引っ張るから、渋々、紅い顔をキミに向ける。

    手をギュッと握り、私の手の甲に接吻する青木。
    「友達卒業、な」
    その一言から恋が始まった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

詠優♪

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:桜 藍樹(初回登録:2011/08/31)
  • 2:詠優♪(変更1回目:2012/12/26)

【会員番号】369980

【性別】女

【誕生日】0709

【自己紹介】桜 藍樹(sakura rannki)です!! 

グリム童話とかをベースとしてお話を書けたらいいな~って思ってます(^^)

【おススメの本】地味子の秘密 シリーズ

【マイリンク】

【HNの由来(本名はダメ!!)】夜桜が好きだから、藍の意味は夜のイメージ

【血液型】B

【星座】蟹座

【身長】148cm 大きくならない

【体重】いえないですよ!

【足のサイズ】22.5

【握力】18

【髪型】ボブ

【趣味】読書 宝塚歌劇団鑑賞 アニメ鑑賞

【特技】Piano

【性格】頑固

【好きな言葉】美しいと思えるあなたの心が美しい  Byみつお

【将来の夢】幼稚園の先生

【好きな男性のタイプ】優しくて英語が話せる人

【好きな女性のタイプ】優しい

【よくやるくせ】おなかを押さえる

【口ぐせ】すみません

【自分が一番輝く瞬間】多分ピアノを弾いている時

【ある休日の過ごし方】お布団の中でゴロゴロ

【好きな食べ物】ラズベリー

【嫌いな食べ物】パパイヤ

【好きな教科】数学 音楽

【嫌いな教科】理科 社会

【好きなテレビ番組】アニメ

【好きな映画】ジブリ

【好きな音楽】J-pop

【好きなコミックや雑誌】君と僕。

【好きなキャラクター】Hello キティ

【好きな場所】森の中

【好きな季節】春 秋

【とっておきの時間の過ごし方】空を見ながらボーっとすること

【手放せないもの】絆創膏

【マイブーム】読書

【最近感動したこと】妹が誕プレでほしかった服をくれた

【最近初めて知ったこと】チャーハン作り

【最近ひやっとしたこと】死んでる?って思ったセミが突然鳴きだしたこと

【最近凹んだこと】テストの点数が・・・

【最近笑ったこと】妹がポアントでいきなりコケタ

【最近恥ずかしかったこと】いつも何故か顔がプチトマトみたいに真っ赤になってしまうこと

【地球があと24時間しかなかったら?】両親と過ごす

【1億円あったらどうする?】貯金

【ずーっと疑問に思っている事】何で人って面白いんだろう

【好きな人と出会いたい場所】琵琶湖(笑

【癒されること】人形を抱いているとき

【1ヶ月に読むケータイ小説の数】12ぐらい

【1ヶ月に読む本の数】40ぐらい

【使っている携帯電話】Docomo

【今まで生きてきて一番痛かったこと】あごを割って2針縫ったこと

▲