ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • クリスマス4【お題】
    • 校舎裏

    「もう、クリスマスかぁ」


    雪が降る中そんなことを口にしていると


    「何言ってるんだよ!」


    「げっ」


    「げっとはなんだ!げっとは!?」


    「別に」


    「はぁー、たくっ、せっかく俺がクリスマス一緒に過ごそうって誘おうと思ったんだけどなー」


    「え?」


    「だから!クリスマス俺と……
    過ごして欲しい……///」


    「///し、仕方が、ないなー//
    特別に付き合ってあげる!」


    「ぶっ、特別ってなんだよwww」


    「う、うるさい!///」


    「大好きだよ」(ボソッ


    「え?何か言った?」


    「なんも言ってねぇよ!///」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    「どうせお前、彼氏もおらんくて1人で真っ直ぐ帰るんやろ?だったら俺が、クリスマスデートしたる」

    入学後間もなく、貧血を起こして廊下で蹲ってる所を助けてくれてから、何かと絡んでくれる先輩。少し俺様で振り回してくるけど、優しくて片想いしてる。そして今、私はうんともすんとも言ってないのに、手を握られて引っ張られている。

    「先輩…どこ行くんですか…?」
    「黙って来い!」

    先輩は悪戯な笑みを浮かべて振り向いてきたが、足は一切止まらない。
    気付けば駅前の大きなクリスマスツリー前。赤やら白やらの、綺麗なイルミネーションに飾り付けられている。毎朝ツリーは横目に見ているが、先輩と見るのは特別だ。

    「お前のこと好きって言ったら驚くん?」
    「します」
    「…その割に冷静やな」
    「先輩が私のこと、女子として好きなわけないじゃないですか」
    「……本気」

    先輩は優しく唇を重ねてきた。
    世界一甘い初キス。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    「今年もクリボッチかー…」

    私は、クリスマスツリーの前で呟いた。

    「仲間はっけーん」

    後ろからの声は幼馴染みの直樹。

    「直樹が珍しいね。いつもは彼女といるのに」

    「そう?今年のクリスマスは好きな人と過ごしたくってさ」

    「じゃあ、ここに居たらダメでしょ。早く彼女のとこに行きな」

    私はあっちいけと手で追い払った。

    「俺は、お前といたい」

    「何言って…」

    「俺はお前とクリスマスが過ごしたい」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

羽多野紫喜

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:小野瀬サラ(初回登録:2011/01/24)
  • 2:小野サラ(変更1回目:2011/04/21)
  • 3:高笠原いち(変更2回目:2018/01/16)
  • 4:羽多野紫喜(変更3回目:2018/02/16)

【会員番号】314551

【自己紹介】ファン登録&読者登録ありがとうございます。

ユーザー名変更致しました。

小野サラ→羽多野紫喜


たくさんの感想ありがとうございます。なかなか返信が出来なくてすみません。
※他サイトにも内容を少し変えて投稿している作品もございます。

【好きな作家】

【血液型】A型

【好きな映画】パイレーツオブカリビアン

▲