ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月09日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 告白

    「先輩、痛いです」

    「うるさい。黙って」

    部活の最中に先輩に腕を引っ張られてここまで連れてこられた。

    「急になんですか?まだ部活中ですよ?」

    「お前、なに?勝手に告白してきて人の答えも聞かずに言い逃げして。何もなかったみたいなふりして」

    「そっそれは、先輩には他に好きな人がいるから」

    「は?誰それ?」

    「いつもマネージャーさんのこと見てるじゃないですか」

    「みてねーし」

    「嘘ですよ。いつもみてますよ」

    「見てたとしてもあいつじゃねーし」

    「でも、、、」

    次の瞬間、先輩にキスをされた。

    「わかったか?」

    「えっ、なんで、、」

    「俺の好きなやつはあいつじゃなくてお前だし。気づけよ」

    「えっ、嘘でしょ。だって先輩は」

    「だから、俺の好きなやつはお前だよ」

    そしてまたキスをされた。

    「ほんとに?」

    「ああ」

    バッ、、
    先輩に抱き着いた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 授業中
    • 屋上
    • 告白

    「橋田ー!!」
    恒例行事と化した『橋田紗奈探し』
    「先生、俺が探してきます」
    「里村悪いな、幼なじみの絆で探してくれ!」
    先生にそう言われ、紗奈を探す。
    この2ヶ月ほど、時々行方不明となる。
    ま、どこにいるのかはわかるけど。

    ガチャ

    「……紗奈?」
    屋上のドアを開け、大の字になって寝ている紗奈に話しかける。
    「寝顔、可愛いな…」
    見つける度に、こうやって呟くがまったく起きない。
    「……俺のになればいいのに。」
    あの時告白しておけば、何回そう後悔したことか。
    しかも何でよりによって、俺の親友なんだよ。
    「…日向、好き」
    「……!?」
    紗奈がぽつりと呟く。
    なんで俺の名前…。
    俺が紗奈の夢に出てきてるのか…?
    「っ……」
    嬉しさなのか虚しさなのか、涙があふれでてくる。

    「…好きだ」
    「俺のモノになればいいのに」

    「ごめん、今だけだから…」
    そう言って紗奈の髪にキスをした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 彼の家
    • 告白

    幼なじみのナツの家に居る私。
    通い慣れたナツの部屋。

    ゴローンとベッドに寝転ぶ。

    「おいおい…それ他の男ん家でやんなよ?」

    「大丈夫!独りだからね…」

    「ふっ、ぼっちか」

    ナツだってぼっちのクセに!

    拗ねてナツから顔を逸らすと、ふと昔のアルバムが目に入る。

    「ねぇナツ、これ見てもいい?」

    「あーいいぜ」

    小学校の頃のだ…懐かしい。

    「ナツって昔からカッコよかったよね」

    「はぁ?なんだそれ、ンな事言ったらセナだって可愛かったろ」

    真っ直ぐ言われるとドキドキするな//

    「じゃあ、こん時好きだった子指さそうぜ」

    「えぇ…いいけど」

    正直覚えてないな…
    まぁテキトーにさせばいっか。

    『せーの』

    「…ぇ?」

    ナツが私にさしていた。

    「お前顔赤いぞ…そそるわぁ」

    「なっ?!うるさぁい!」

    「可愛い…好きなんだよ、ずっと」

    そう言って私の唇にナツはキスをする。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

椿灯夏

【ユーザネーム変更履歴】

  • 1:天月壱姫(初回登録:2008/12/04)
  • 2:夢紡ぎアリス(変更1回目:2009/06/02)
  • 3:悠宮飛鳥(変更2回目:2009/08/24)
  • 4:霧影(変更3回目:2012/01/30)
  • 5:椿灯夏(変更4回目:2013/05/09)

【会員番号】126366

【性別】夜明けの魔女

【自己紹介】万人受けしないだろうなーっていう、幻想物語綴ってます。

表紙は友人に描いて貰いました。
無断転載禁止。

稀(まれ)に物語を削除したりすることがありますが、その際はご理解いただけると幸いです。


不定期更新。

【おススメの本】イヴは夜明けに微笑んで

【好きな作家】

【マイリンク】

【好きな言葉】僕は死んでいくけれど、君は太陽の下を歩く。

【好きな男性のタイプ】ミステリアスでクールな優しい人。

【好きな女性のタイプ】思いやりのある絵描きさん。

【好きな食べ物】お茶と洋菓子と和菓子。

【好きなキャラクター】デカラビア、 黒鷹、兵長。

【好きな季節】春夏秋冬。

【とっておきの時間の過ごし方】巨人を駆逐したり、されたり……。ときどきメルスト。

【マイブーム】進撃の巨人。兵長についていきます。

【今一番欲しいもの】資料、小説。

【最近声を大にしてみんなに言いたいこと】“発達障害”について、正しい理解を。

【生まれ変わったら?】風か物語。

【癒されること】お茶、猫、ゲームアプリ。

【今まで生きてきて一番痛かったこと】“発達障害”の偏見。自分がそうだからです。

▲