ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • 放課後
    • 教室

    「アイドルなんてもうやめて。」

    こんなこと言うつもりなんてなかった。でもつい口をついて出てしまった。

    「はあ?何だよ急に。」

    突然の私の発言に困惑している碧斗。
    碧斗は人気アイドルで私の恋人。もちろん付き合っている事は内緒。

    「何で?俺のこと応援してくれてたじゃん?」

    「応援してるよ、でも…」

    碧斗が夢を叶えてアイドルになった時は自分の事のように嬉しかったし、応援もしてた。でも、もう限界…

    「なんか、碧斗遠くなったゃったよ。仕事仕事で全然会えないし。普通のカップルみたいにデートも出来ないし。いつか碧斗は私の事なんて忘れてしまいそうでこわい…」

    「優愛…ごめん」

    そう言って碧斗は私をギュッと抱きしめた。

    「お前が嫌ならアイドルなんてやめたっていい。俺が一番大切なのは優愛、お前だから。」

    「碧斗…」

    碧斗の唇が私の唇に重なる。




    私も一番大切なのは碧斗だよ…

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 昼間
    • 路地
    • 告白

    「優!」
    学校帰り、ふと私を呼ぶ声がした。振り返ってみると、
    「朋樹⁉︎」
    幼馴染みがいた。だけど、朋樹はただの幼馴染みではない。実は…
    「ちょっ⁉︎変装しなよ!目立つよ!」
    彼は芸能人。ソロで歌を歌い、ダンスを踊ってる。今波に乗っている若手だ!
    「えー?変装めんどくさいし。ここ人気ないし」
    「あのねぇ…」
    呆れる私。
    「それに…」
    ふと真面目な表情になる朋樹。
    「…?」
    「…プライベートぐらいいいだろ。せっかくお前といるんだし…」
    「えっ…」
    「好きな奴の前だったらカッコいい姿でいたいだろ?」
    「…っ」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 教室
    • 告白

    俺も前から好きだった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

氷針

【会員番号】114680

【性別】女

【自己紹介】初めまして~!最近携帯小説書き始めました☆文字を無心でぽちぽちするのが大好きです(笑)新参者ですがよろしくお願いします!

【おススメの本】容疑者Xの献身・暗いところで待ち合わせ・裁縫師

【HNの由来(本名はダメ!!)】わかりません…ちなみに読みは「ひょうしん」です

【髪型】金に近い茶色?あ、髪型は肩までのストレートで、たまにまいてます

【趣味】寝る事とイラスト書く事ですかね?笑

【性格】友達が言うにはパンダとかナマケモノとか、ゆる~く動く感じ?でも近づくと実は凶暴…みたいな感じらしい

【好きな男性のタイプ】…う~ん…フィーリングが一致する人?笑

【好きな女性のタイプ】優しい子!

【よくやるくせ】腕時計を揺らす?(ずれるから…かな) 鼻を触る

【口ぐせ】「へ~」 「はいよ」 「愛してる」 「いけるいける」 「~系?」

【自分が一番輝く瞬間】好きな人と居る時間。好きな事に夢中な時…?

【好きな映画】沢山ありすぎて…かききれません

【手放せないもの】携帯

【最近凹んだこと】誰にも必要とされてないんじゃないかと…(ρ_;)

【願いが3つかなうとしたら?】優しい旦那がほしい 仕事ができるようになりたい 痩せたい

【癒されること】愛犬と遊ぶ。好きな人とじゃれる。友達とじゃれる…かな?

▲