ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年01月23日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 芸能人【お題】
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    ―今月号は佐伯唯月特集!―

    「俳優…ね」

    ペラペラ

    今はお昼休み。雑誌を飲んでいるところを誰かに見られたくないので、1人で屋上にいます。

    「なんで俳優やってんの。そんなにチヤホヤされたい?好きな女がいるの?」

    「何1人で喋ってるの?」

    「!?唯月…」

    「なにその反応。俺が来ても嬉しくないの?」

    「別に嬉しくない。毎日顔見てるし。私よりも、あんたの顔みて喜んでくれる人いるんじゃない?」

    「なに怒ってんだよ。俺なんかした?」

    「別に…」

    (何勝手に怒ってんだろ。唯月が俳優になってしばらく経ってるのに…でも、やっぱり芸能界なんて嫌だ。女子にチヤホヤされるだけじゃん)


    「俺、お前の事好き」

    「!?」

    「高校生になって、あんま俺の事見てくれてない気がして、芸能界に入ったら俺の事見てくれるかなって思ったから…この気持ちは本当だから」




    ―俺と付き合ってください―

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 廊下
    • ギュッ

    「優月姫」

    扉にもたれ、教室の中を覗き込みながら呼んできたのは、陸上部部長の月城先輩

    つい頬を緩ませてしまうのは、大好きなキミだからで

    誰もが息を吞むほどの容姿をもった彼のもとに、急いで駆け寄る

    「あっ…」

    ―ガタンッ……

    「おっと…」

    椅子に引っかかって転びそうになった私を持ち上げてくれた、キミの腕の中に、すっぽりとおさまる私

    「すみませんっ…!」

    急いで離れようとしても、先輩の腕はびくともしない

    「あの、先輩?今日、部活なくなったって聞いたんですけど…」

    全然関係ない話をして、胸の高鳴りに気づかれないよう気を配るので精一杯だ

    「…部活なくても、一緒に帰っていいだろ」

    ぶっきらぼうに言うキミの声がいつもより近くにあって心臓がうるさい


    「あの…もう、大丈夫ですから離れますね」
    「もう少し、こうしてたい」

    ―ギュッ…


    後で皆に冷やかされたのは言うまでもない

    開く閉じる

    • 芸能人【お題】
    • 授業中
    • 教室

    最初は大っ嫌いだった授業。
    今は……、
    幸せな時間。

    「教科書忘れたから見せて」
    突然、隣の席の男の子に話しかけられた。
    「う、うん」
    そう言って席をくっつける。
    彼の名前は真木 葉音〔まき はやね〕君。
    "ポーンティーン"という雑誌の大人気モデルの彼。
    そんな人と隣の席になれるなんて、すごくラッキーだ。
    隣から手をツンツンされたと思ったら、
    「ありがとう」
    と、最高にカッコいい声で、誰が見ても惚れてしまう笑顔で言われた。
    -キュン-
    胸が小さくないた。
    顔がどんどんと赤くなっていくのがわかる。
    「どうした?顔が赤いけど」
    意地悪な笑顔で、私の頬に手をあてられた。
    頭の中は混乱状態。
    「そんなかわいい顔、他の男には見せるなよ?」
    授業中…ですよ…?

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

べと

【会員番号】1096697

▲