ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2018年01月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ【お題】
    • 放課後
    • 図書館
    • 頭ぽんぽん

    市立図書館の、自習室の一番窓際の席。

    そこに「彼」の姿は今日はない。


    この前偶然目が合ってお互いの存在に気づいた。
    幼馴染であり、ずっと好きな人。
    でも高校で離れて以来だし、ドキドキしてまともに話せなかった。

    ふぅ…と後悔のため息をつき、本棚から志望校の過去問を抜き取る。




    「それ、次貸してもらいたいんだけど」


    突然、声がして
    ハッと振り返ると……


    「久しぶり」


    目の前には

    …ずっと大好きな人。


    びっくりしたのと嬉しいのとで
    鼓動が鳴り止まない。


    「これ」

    すっと彼が差し出してきたのは…


    「合格…祈願…?」


    「今神社で買ってきた。おそろいで」


    照れ臭そうにもう一つを見せる彼に
    胸の奥がキュッと掴まれる。


    「志望校、同じなんだな。一緒に受かろうぜ」


    嬉し涙をにじませながら大きく頷くと、

    彼は私の頭にポンと手を乗せ
    クシャッと笑った。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 壁ドン

    「僕だって、男なんですよ?____こうされるのも覚悟の上、ですよね?」

    開く閉じる

    • 幼なじみ【お題】
    • 放課後
    • 校舎裏
    • 髪クシャ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

『“またね。”』って、もう言えないあの人へ手紙を書こうコンテスト

新装版発売記念!!『“またね。”』って、もう言えないあの人へ手紙を書こうコンテスト

実話をもとにした大号泣のラブストーリー『“またね。”』新装版が2018年2月に発売決定!
野いちごでは、作品にちなんで“またね。”と言えなくなってしまった相手への手紙を募集します!
この機会に、胸にしまいこんできた気持ちを形にしてみませんか?
最優秀賞に輝いた手紙は、新装版のカバーイラストを担当する人気漫画家・山科ティナさんがコミカライズ!!


開催期間
2017年12月26日~2018年2月下旬
2018年1月25日(木)応募締め切り!



みんなが泣いた!!
小説『“またね。”』とは…

友達に誘われ体験入学に行った中3の菜摘は、かっこいい先輩・大輔にひと目ボレし、その高校へ行くことを決意。その後、偶然街で会って仲よくなる。“またね。”は、ふたりの合言葉。ずっと一緒にいたかったのに、その運命は…。切ない涙があふれる、実話をもとにした感動ストーリー。

2013年5月『野いちごグランプリ』にてブルーレーベル賞受賞!!

著者・なあさん コメント

胸に秘めた想いを抱えている方々へ。
私は、初めて『“またね。”』を書いた頃、まだ彼への想いを忘れられず、どこかにぶつけたくて、ただがむしゃらに書きました。そして完成した時、初めて気持ちの整理ができたような気がしました。だからと言っては変かもしれませんが、皆様も、この機会に、思うがままに気持ちを吐き出してみてください。皆様が少しでも楽になれることを、少しでも前に進めることを願っています。


新装版のカバーイラスト&受賞作の
コミカライズを担当!!

漫画家・山科ティナさん プロフィール

集英社「別冊マーガレット」にて受賞・デビューした後、Twitterから人気が付き「午後の紅茶」「H.I.S」「三井住友海上」など多くの企業コラボマンガを担当。媒体に限らず広く活動中の現役藝大生。“妄想胸キュン漫画”が、フジテレビ「ワイドナショー」で取り上げられ話題沸騰。代表作『#アルファベット乳』『#140字のロマンス』『どうしてパパはカメムシになったの?』

漫画家・山科ティナさん コメント

“叶わないと知りつつもどうしょうもなく恋しい”
甘さと共にほろ苦い恋の気持ちが書き込まれたこの1冊を読ませて頂き、私も普段はフタをしていた過去の恋の記憶がみるみる甦ってしまいました。行き場のなかった想い・モヤモヤしたまま過ごしていた気持ちが言語化されることに、こんなにも救われるのだと気付かされました。ぜひ、皆さんがフタをしてしまっている気持ちと向き合うきっかけとなればいいなと思います。


コンテスト情報

最優秀賞…1作
・手紙の内容を漫画家 山科ティナさんがコミカライズ
・著者 なあさん&山科ティナさんWサイン付き新装版『“またね。”』
・図書カード5,000円分プレゼント
参加賞…抽選で10名様
・図書カード500円分プレゼント
テーマ『“またね。”』って、もう言えないあの人への手紙
叶わなかった恋、終わってしまった恋……
“またね。”を言う事もできなくなってしまった相手に向けた手紙を、自由に書いてください。
※ご応募いただいた手紙の本文をそのまま公開することはございませんので、ご安心ください。(受賞作はコミカライズいたしますが、その場合も個人が特定できる内容は除きます)
※お送りいただいた手紙は、東京大神宮へお納めする予定です。
応募資格不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)
文字数制限なし
応募方法

郵送orメールでのご応募となります!
①~⑨を必ずご記入の上、お送りください!


①自分の仮名(あればニックネームも)
②相手の仮名(あればニックネームも)
③相手との関係
④相手に向けた手紙
⑤応募者の氏名(本名)
⑥郵便番号
⑦住所
⑧電話番号
⑨メールアドレス

郵送で応募する場合の宛先

〒104-0031
東京都中央区京橋1-3-1 八重洲口大栄ビル7F
スターツ出版 書籍コンテンツ部 「またね。手紙」係

メールで応募する場合の送り先

support01@no-ichigo.jp宛てにお送りください。

※迷惑メール対策をされている方は、受信対象ドメインに@no-ichigo.jpを指定してください。

本コンテストはiOSアプリからはご参加頂けません。
お手数ですが、WEB版野いちごよりご参加頂きますようお願い申し上げます。

審査員スターツ出版 野いちご編集部
スケジュール12月26日(火) エントリー開始

2018年1月25日(木) 応募締め切り ※郵送の場合もこの日必着です!

2018年2月下旬 結果発表
個人情報について応募に際し提供いただいた個人情報は、スターツ出版(株)のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
諸権利受賞作品の出版権、雑誌掲載権、インターネット上への掲載権、コミカライズ権、映像化権等はスターツ出版(株)に帰属します。受賞作品の一部をスターツ出版が発行、運営する紙面、インターネット、携帯電話向けサイトで掲載することがあります。
本コンテストに関するお問い合わせはtoi@no-ichigo.jpまでお願いします。
(※携帯メールからの問い合わせの際、迷惑メール対策をされている方は受信対象ドメインにtoi@no-ichigo.jpを指定してください)

※本コンテストは、スターツ出版株式会社が独自に行うもので、Apple Inc.とは一切関係がありません。

▲