ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

豪華企画もりだくさん!特設ページOPEN★

野いちご学園

2017年10月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 廊下
    • 焼きもち

    他の女の子と仲良く話すのは、キミに妬いて欲しいから。でも、キミは表情ひとつ崩さず通り過ぎて行く。…てか、隣の男は誰?!

    「どうしたの?」

    「いや、別に。」

    平然を装っているけど、

    「ーって、聞いてる?」

    「え?あ、ごめん。聞いてなかった。」

    話が全然入ってこない。

    「もういい。」

    女の子は怒って教室に戻って行ってしまった。

    悪いことしたな。と思いつつも意識は完全にキミに向いていた。

    小さくなっていくキミの姿を夢中で追いかける。

    そんな男に笑いかけないで。

    触れさせないで。

    「話したいことがあるんだけど。」

    キミを誰にも渡したくない。

    「好きです。付き合って下さい。」

    突然のことでキミが固まっていると、隣にいた男がキミの耳元で何か囁き去っていく。

    キミはみるみる赤くなって、小さく

    「はい。」

    と頷いた。



    “焼きもち作戦、成功して良かったね”

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後

    「待てよ菜奈」

    絶対許さないんだから!そう心に決めながら彼より3歩前をわざと音を立てて歩く

    「…菜奈!!」

    ついに私は彼の方を向き怒りをぶちまけた

    「怒鳴らないでよ!そっちがいけないんじゃん可愛い後輩とアドレス交換したくらいで浮かれてさ!」

    「浮かれてないし委員会の関係で連絡取らなきゃだから仕方ないだろ、分かってよ」

    ひ、ひどい…そんな言い方しなくたっていいのに!!

    「もういい…私なんかよりその子と仲良くすればいいじゃん!!」

    あぁ…言ってしまった、本当はこんな事言いたくなかったのに…

    「はぁ…」

    彼は溜息を付いてその場にしゃがんだ

    「ご、ごめ…」

    気づくと彼は私の手をぎゅっと握っていた

    「…俺は菜奈が好きなの、信じてよ」

    彼の眼差しがあまりにも真剣だったから思わず涙が出た

    「うん…ごめんね」

    「泣くなよー相変わらず泣き虫だな菜奈は」

    これは嬉し泣きだもん

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 廊下
    • 頭ぽんぽん

    「ちょっと行ってくる!」

    私は授業が終わると同時に、親友にそう言って教室を飛び出した。
    向かうのは、1歳上の幼馴染そうちゃんの所。
    実は午前中の調理実習で、プリンを作ったからあげようと思っていた。

    「やっぱりダメか…」

    目の前には、女の子の群れ。
    そして、その中心にはそうちゃんがいる。

    そうちゃんは、すごくモテる。そして、いつも囲まれている。
    これじゃ、渡せないなと思って引き返そうとすると…
    「藍?どうしたの?」
    そうちゃんが気づいてくれた!!
    人をかき分けて、私に近づく。
    「プリン作ったの!だからあげたくて…」
    そうちゃんは、貰い物は全て断っている。
    だから周りの女の子からの視線が痛い…
    「藍、ありがとう」
    ビシビシと痛い視線を感じていると、
    「こいつに手出したら許さないから…」
    そうちゃんは周りにそう言って、私の頭をぽんぽんっとした。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

『野いちご文庫POPコンクール2017』開催!!

あなたの描いたイラストが全国の書店に!
野いちご文庫 POPコンクール2017

だから俺と、付き合ってください。365日、君をずっと想うから。スケッチブック

開催期間
2017年9月21日~11月下旬
応募締め切り:10月20日(金)必着!!


全国の書店に飾られる「野いちご文庫」のイラストPOPを大募集!!
POPを見た人が小説を読みたくなる、そんな作品をお待ちしてます☆

※POPとは…“商品を手に取ってみたい”というお客さんの気持ちを後押しする宣伝物のこと。
目立つデザインや、キャッチーなキーワードがあると効果的だよ!


どなたでも参加OK!何枚でも応募可能!!


『365日、君をずっと想うから。』賞…1名
『スケッチブック』賞…1名
『だから俺と、付き合ってください。』賞…1名
図書カード5000円分プレゼント

参加賞…抽選で10名様
図書カード500円分プレゼント
応募資格不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません)
対象書籍※募集は、下記の野いちご文庫3作品に限ります。

『365日、君をずっと想うから。』SELEN/著
『スケッチブック』桜川ハル/著
『だから俺と、付き合ってください。』晴虹/著
応募方法

1.ハガキ表面にイラストや小説タイトル、著者名、キャッチコピーなどを描く


※POPのサイズについて
郵便はがきサイズ(100mm×148mm)目安。
縦型、横型どちらでも可。


2.ハガキ裏面に「あて先」と下記の「7点」を記入
(POPを描いた側には書かないでね!)

あて先
〒104-0031
東京都中央区京橋1-3-1 八重洲口大栄ビル7F
スターツ出版販売部 POPコンクール係
記入する7点
①POPを描いた作品名
②氏名(ふりがな)
③郵便番号
④住所
⑤電話番号
⑥年齢
⑦描いたPOPのポイント(ひと言でOK)
例:キャラクターの表情にこだわりました。

3.切手を忘れずに貼って、ポストに投函で完了!

本キャンペーンはiOSアプリからはご参加頂けません。
お手数ですが、WEB版野いちごよりご参加頂きますようお願い申し上げます。

応募締め切り2017年10月20日(金)必着
結果発表2017年11月下旬
野いちごサイト上にて発表予定
注意事項・未発表のオリジナルの作品でご応募ください。
・応募に際し提供いただいた個人情報は、スターツ出版(株)のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
・応募作品はお返しできません。
諸権利応募作品につきましては、スターツ出版(株)の出版物や各種PR物(ポスター、チラシ、ウェブサイト等)に無償で掲載させていただく場合があります。
コンテストに関するお問い合わせはtoi@no-ichigo.jpまでお願いします。
(※携帯メールからのお問い合わせの際、迷惑メール対策をされている方は受信対象ドメインにtoi@no-ichigo.jpを指定してください)
また投稿やエントリー方法については、「野いちご」へ直接お問い合わせください。

※本キャンペーンは、スターツ出版株式会社が独自に行うもので、Apple Inc.とは一切関係がありません。


▲