ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

第2回野いちご大賞

野いちご学園

2017年11月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App storeでダウンロード
  • Google Playでダウンロード

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • ベタ惚れ【お題】

    「るい、好き。」

    「あ、ありがとう。」

    照れながら私はそう返事する。


    彼氏のかずとは毎日のように「好き」と言ってくる。

    嬉しいけど、やっぱり少し恥ずかしい。


    「るい、好き。」

    「あ、ありがとう。」


    やっぱり恥ずかしいな、と思っていたら、


    「ねえ、るいは?俺の事好き?」

    「えっ…」


    そんなの好きに決まってる。顔を赤くして下を向いていると、

    「ねえ、言ってくれないと、キス、するよ?」




    「……す、き…」

    「よくできました。」

    そう言ってキスしてきた。

    「結局するんじゃん。」

    「可愛くて我慢できなかった。」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 後ろからギュッ

    「たすけて……!」

    __________

    「はぁはぁ、そいつに触んな!」

    「ばか、くんの遅い…」

    「怖がったよぉー、ぐすっ」

    「うん。ごめん、もー大丈夫だよ」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 部活中
    • 体育館
    • 後ろからギュッ

    「バイバーイ」

    みんな、部活が終わってすっかり暗くなった体育館から出ていく。

    私がキャプテンに任命されて数週間。
    正直まだ実感もない。

    どうしたら良いかもわからない。
    それなのにみんな私に頼りきりで、
    正直ちょっときつい。

    体育館にはもう私一人。

    思うように出来ない。
    悔しくて涙が溢れてきた。
    どうしてこんなに上手くいかないんだろう...。

    「そんなに泣くなよ」

    誰かの声が聞こえた。
    体育館には誰も居ないはずなのに…。

    顔をあげると悠斗がいた。
    悠斗は男子バレー部のキャプテン。
    私と小学校のクラブチームが同じだった。
    仲のいい男友達みたいな感じ。

    こんな姿を悠斗に見られるなんて。
    でも、悠斗の顔を見たらなぜだか安心した。

    「好きなだけ泣いていいよ
    俺がそうしたいだけだから」

    そう言って悠斗は突然、
    私を後ろからを抱きしめた。


    余計に涙が溢れてきた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

赤木 なこさんのファンになるには…

野いちご会員の方

ログインしてからファン登録してください。

野いちご会員でない方

ファンになるには会員登録が必要です。

ファンとは…

【ファンの特典①】
ファンメールを配信している作家から、ファンメールが届くようになります。ファンメールとは、作家が新作のお知らせや、作品の更新通知、シークレット小説のパスワードなどをメルマガとして配信します。配信されたメールは、野いちご内にある会員専用メールボックスの中に届きます。

【ファンの特典②】
好きな作家の小説の更新情報を、会員専用ページにてチェックすることができます。

ファン登録できるのは、野いちご会員だけです。
より便利に楽しく野いちごを使うなら会員登録(無料)を!

▲