ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年09月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 教室

    「そろそろ舌バグりそうなんだけど」

    『でも、いつも美味しいって言ってくれるじゃない。…それに他の人には頼めないし』

    申し訳なさそうにしながらも包みからクッキーの入ったラッピングを取り出す。

    「ほら、さっさと終わらせるぞ」

    彼女の手から奪い口に運ぶ。

    『どう?アドバイス通りにしてみたんだけど』

    「…涼也好きそうだな、けどまだまだ。没」

    『ダメかあ…』

    残念そうに肩を落とす彼女。

    「…ばーか。告白諦めろよ、別にアイツだけじゃねえだろ男は」

    (俺だって居るだろ)

    『…ダメ、頑張るって決めたんだから!』

    そう言い放ち、俺に背を向けて教室から出ていこうとする彼女の腕を掴む。

    「俺の方がお前の事」、

    喉まででかかった言葉は、涙目の彼女の顔を見た瞬間頭からすっ飛んだ。

    「…っ…明日はうまいの作れよ」

    『…馬鹿、当たり前』

    きっと永遠に言えない。お前が、君が…馬鹿だから。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    窓から見える真っ白い雪。


    「翼君、私ね、翼君が好き」


    今にも溶けてしまいそうで、離れてしまいそうで怖い。


    男子が苦手な私。(青山花梨)


    だけど…そんな私を好きって言ってくれた(青山翼)君。



    翼君、私は翼君に感謝します。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 授業中
    • 教室
    • 押し倒される

    「啓介いる?」
    授業中、教室のドアが開き、その人は啓介の名前を呼んだ
    「…っ!?先輩?」
    クラスの視線は啓介に注目した

    「ちょっと来て、啓介」
    鷹斗は、そう言って啓介を引っ張って行った

    ー先輩である鷹斗は、啓介の好きな人

    「先輩!離して!」
    啓介は鷹斗の手を振り払う
    「ねぇ啓介、何で避けるの?」
    「…先輩、ここ学校。しかも廊…」

    ダンっ
    啓介は壁に押し付けられ、鷹斗の目つきが怖くなる
    「真面目に聞いて。…ねぇキスしたい」
    「だから、先輩、俺はそういう、簡単にキスする関係が嫌だって…」
    啓介はたまらず泣いた
    「本気。俺はお前がいないと生きてけない。好き。啓介が好きなんだ」
    啓介は、その言葉に力が抜け座り込んだ
    「…鷹斗」
    啓介は好きと言えないまま押し倒された
    「んっ!!っっあぁ」

    啓介はなんとか鷹斗から離れた
    「だあーかあーら!ここ学校!」

    クラス中の注目と拍手を浴びた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

みゅーな**さんのファンになるには…

野いちご会員の方

ログインしてからファン登録してください。

野いちご会員でない方

ファンになるには会員登録が必要です。

ファンとは…

【ファンの特典①】
ファンメールを配信している作家から、ファンメールが届くようになります。ファンメールとは、作家が新作のお知らせや、作品の更新通知、シークレット小説のパスワードなどをメルマガとして配信します。配信されたメールは、野いちご内にある会員専用メールボックスの中に届きます。

【ファンの特典②】
好きな作家の小説の更新情報を、会員専用ページにてチェックすることができます。

ファン登録できるのは、野いちご会員だけです。
より便利に楽しく野いちごを使うなら会員登録(無料)を!

▲