ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2020年02月18日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 先生
    • VD2020【お題】

    「自然に…笑って…」

    私、大田結衣はブツブツと独り言を言いながら廊下を走る。
    向かう先は保健室。
    保健室の先生の本田先生は私が片思いしている人。
    でもこれ以上の関係は望まない。
    だからせめて、このバレンタインのチョコレートだけは…。

    前をきちんと見ていなかったせいで登ろうとした階段でつまづき、派手に転んだ。

    「いた…。良かった無事だ…」

    「無事じゃないだろ」

    頭上から声が聞こえ、上をむくとそこには本田先生がいた。

    「先生!これ…」

    「まずは怪我の手当」

    保健室のベッドに座り、先生にチョコレートを渡した。

    「これ…」

    「ありがと」

    先生は素早く私の足に包帯を巻いてくれた。
    そしてマッキーで包帯に何かを描き始めた。

    「ハートにLOVEって…」

    「勘違いしてくれてもいいよ」

    私が驚いて先生の顔を見ると、先生は笑って私の頭に手を置いた。

    「なんてね。お大事に」

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • VD2020【お題】
    • 頬キス

    「眠……」
    「先輩は勉強しすぎですよ」
    「君は眠くないの?」
    「私は授業中、寝てましたから」

    そんな彼に彼女は少し寝たら?と話した。

    「会議まで時間ありますよ」
    「そう?じゃあ、お言葉に甘えて……ZZZ」

    隣椅子に座って寝た彼の肩に彼女は膝掛けを掛けた。

    ……一人でこんなに資料を作って……

    苦労を感じた彼女はそっと立ち上がろうとした。


    「……美友さん」
    「え」

    名を呼ぶ寝言にドキとした彼女は顔を覗き込んだ。

    ……寝てる……よし!今!

    彼女は静かに彼の制服のポケットに赤包みを入れようとした。

    「こら」
    「きゃあ?」
    「……ひっかかった!」
    「え?起きてたんですか?」

    彼女の手首をつかんだ彼は嬉しそうだった。

    「だってこうしないと、くれなさそうだし」
    「でも、これ義理チョコですよ」
    「そんな事言うなよ……」

    そして頬にキスされた彼女は夕焼けよりも真っ赤になっていた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室
    • 隣から

    今日はバレンタインデー

    幼馴染みの蓮は毎年すごい量のチョコを貰ってる

    「先生。教科書忘れたので隣の人に見せてもらいます」

    彼は毎年バレンタインに教科書を忘れる

    「また忘れたの?」

    「うん、だから見せて」

    そう言って、彼は机をくっつけた

    でも、今までと違うのは机の下で手を繋いでいること

    「今年こそはチョコくれるよね?」

    チュッ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

キミ想い (和泉あや/著)

冷やし新作、完成しました。良かったらご賞味ください。

  • snowMayさん、お返事が大変遅くなり申し訳ありません!
    キミ想いの文庫をご購入いただきありがとうございます。
    涙してもらえて嬉しいです(^。^)

    snowMayさんも辛く心に残る恋をしたのですね。
    なずなと同じように苦しんだとのことで、想像するだけで切なくなります。

    過去ごと大切に、とても素敵な考えだと思います!
    けれど、辛い時は我慢せず吐き出してくださいね^ ^

    応援ありがとうございます。
    これからも頑張りますので、よろしくお願いします。

    和泉あや   2017/01/06 08:59

  • 初めまして!
    「キミ想い」書籍化を買って、読ましていただきました
    感動して、涙が止まりませんでした

    蓮の優しさ、ハルの優しさ、なずなの優しさ
    そして、それぞれの想い
    全部、わかる気がします

    私も、心から想う人がいました
    でも、その人のことが好きだからこそ、一度、手を離してしまいました
    今でも、後悔しています

    恋って難しいですよね
    本当に・・・

    私は、今、たくさん悩むことがあって、この作品をもう一度読みました
    読んだら、悩みが、解ける道が分かった気がします
    今の、自分の気持ちを大切にしようって思いました
    そして、一度手を離してしまったけど、その過去も大切にその人をこれからも大切にしようって思いました

    本当にいい作品でした
    これからも頑張って下さい
    応援しています

    snowMay   2016/03/19 19:27

  • りんご雪さん、こんばんは!
    文庫本のご購入ありがとうございます(≧∇≦)
    号泣までしていただいたそうで!
    嬉しいです〜。

    蓮は私の作品の中でもイチオシの男の子なので、かっこいいと言ってもらえて小躍りしちゃいそうですよー笑

    これからもりんご雪さんに気に入っていただけるような作品を書けるよう頑張ります!

    和泉あや   2016/01/12 23:44

  • 未羽さん♡

    いえいえ、何度も嬉しいです!
    一度では伝えきれないとか、殺し文句ですよっ(・´з`・)

    リアルさに関してそんな風に感じでいただけて、小躍りどころか全力で踊り出しそうです。
    頭の中に浮かんでる光景を出来る限りリアルに、でもうっとおしくならないようにと気を使いながら文章にしています。
    なので、未羽さんの言葉に心底安堵してます~♪

    ぜひぜひ追いかけてください。
    私は両手広げて未羽さんを迎え入れ抱き締めますからー笑

    現在書いてる新作も楽しんでいただけるように頑張ります!

    和泉あや   2015/08/27 04:38

  • 何度も何度もすみません^^;
    一度では伝えきれなかったので^^;

    あやさんの表現する【リアルさ】は
    実体験かのようで、目の前で
    起きていることなんじゃないかと
    錯覚するくらいで。
    だからこそ、引き込まれるのですね^ ^
    本当に素敵だと思います♡

    私は、あやさんの執筆する作品を
    どこまでも追いかけますε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
    しつこいくらいに(笑)
    あやさんの作品楽しみにしています♡

    登坂 未羽   2015/08/22 01:05