ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 告白

    「外回り終わりですね」
    私は重い営業鞄を抱え直した。

    「メシにするか」と腕時計を見ながら先輩が言う。

    入社した時から先輩はずっと私の教育係だ。たまに他の女子社員から嫌味を言われることもあったが、庇ってくれるのはいつも先輩だった。

    尊敬はしている。でも恋心かと聞かれたら答えに困ってしまう。

    私は…

    先を歩いていたはずの先輩が、私の腕を掴んだ。
    鼻先ぎりぎりを、クラクションを鳴らしたトラックが通り過ぎた。

    呆れたため息。

    「…すみません」
    謝った私の髪を、大きな手がくしゃっと撫でた。

    「全くお前は…」
    先輩は言い掛けて、私に何かを握らせた。

    「鍵。お前を一人にする方が不安だわ。ま、俺の心配解消って事で」

    「はあ?」

    「24時間体制で指導してやる」
    「え?」

    「鈍すぎ。好きって言ってんの。俺から離れんな。わかったな、新人!」

    先輩は顔を真っ赤にして、私の手を握った。

    開く閉じる

    • 先生
    • お昼休み
    • 屋上
    • 壁ドン

    私はいつも屋上で予鈴まで昼寝をしていた。

    もちろん、人が他にいたらしない。

    今日みたいに。

    「どうしてこんなとこにいるんですかぁ、先生」

    先生と呼ばれた相手はいつもと変わらない笑みを浮かべる。

    「えー、僕も結構ここには来てるんだけどな〜」

    「…今みたいな時間に?」

    嫌な予感をしながらも尋ねると案の定、頷かれた。

    「…寝顔。見ました…?」

    「ああ、ごめん。…嫌だった?」

    言うと、何故か先生はこちらへ近づいてくる。

    恥ずかしさで悶絶しているうちに、彼を目の前にまで接近を許してしまっていた。

    「っ……な、なんですか」

    驚いて後ずさると、先生も来るので退路がなくっていく。

    「ね、どうして恥ずかしがってるの?」

    とうとう詰んだとき彼は壁に片腕をもたれさせると、覗き込んできた。

    「どうして?」

    あまりにも甘い声音に、私はたまらず逃げ出してしまった。

    「あーあ、残念」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 家の前
    • 壁ドンからの告白

    私は、高校2年生。名前は有菜。私には、2歳年の離れた幼馴染みの男の子がいる。名前はマサト。

    「よっ、有菜、今帰り?」

    「マサト、有菜って呼び捨ては・・・」

    「別にいいだろ?幼馴染だし」

    「そう言う事じゃ無くて!」

    昔はお姉ちゃんって呼んで可愛かったのに・・・

    「うるせーな、来年有菜の高校に入って有菜の彼氏になるつもりだから」

    そう言って、壁際まで追い詰められた。

    「マサト?」

    まだ、気付かないのかよ?」

    怒ったマサトに。

    「何言ってんのかわからない」

    「ハァー」

    思いきりのため息。

    ドン!

    「好きだって言ってるんだよ!」

    いきなりの壁ドンからの告白、マサトの真剣な顔に

    私は、胸キュンしました。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

3ヶ月だけのママ〜友達が妊娠した17才の夏〜【完結】 (中咲ホコロ/著)

いろんな感想をお聞かせください。
知識に誤りなどがあったら、ご指摘もお願いします!!

  • 悲しいことがあったとき、自分が嫌になって、なんで自分は生まれてきたんだろう?と思うことがありました。消えたくなったりもしたけど、この小説を読んで、赤ちゃんだったころのわたしは、生きたいと思ってがんばっていたんだなあと思いました。

    そして、生まれてくることを望まれていたことも再確認できました。
    生きたいと思った自分の気持ちと、私が生まれてくることを望んでくれた人たちのことを忘れず、がんばって生きようと思います。

    フェザーフォルテ   2017/03/22 20:52

  • >HaLさん
    こちらこそ、感想ありがとうございます!
    夏樹の野郎みたいなのが、現実にいるのが悲しいですね。
    夏樹はこれからに期待です。
    産婦人科系のことは、意外と知られていないことが多いです。
    私も身近な人のことやこの作品を書かなければ、知らないままのことが多かったろうと思います。
    千奈美たちの物語を通して、なにか得る物があったのならこんなに嬉しいことはありません。
    本当にありがとうございました!

    中咲ホコロ   2014/04/10 20:49

  • 先日は僕の所に感想ありがとうございました、
    この作品は愛とはなにか、
    命とはなにかを教えてくれる作品のように感じました、
    それにしても前半の夏樹には腹が立ちましたね、
    正に夏樹の野郎です!
    これが最後の最後にかろうじて夏樹君になったかな?
    中絶にも二種類あることなど、
    色々勉強にもなり、
    そしてすごく考えさせられる作品でした!

    HaL(ハル)   2014/04/08 16:57

  • >織音♪さん
    はじめまして、感想ありがとうございます。
    有り難いお言葉ばかりで、身にあまる光栄に震えております……
    本当にこの作品を書いてよかったなぁと思いました。
    小説書いたりしてるくせに、この感謝を上手く文面に表せられなくて歯痒い限りです。
    ブログでのご紹介も有り難うございます!
    野いちご内外、オンオフ問わず、紹介していただけるなんてこんなに嬉しいことはありません。
    レビューも書いてくださるそうで、本当に感激しっぱなしです。
    本当にありがとうございます!!

    中咲ホコロ   2014/03/28 12:33

  • あんまり感動したので、ついブログに紹介してしまいました!
    大丈夫だったでしょうか?

    私のマイリンクにブログへのリンクがあります。よかったら確認して下さい。

    つい、中咲さんに書いてしまって良いかを確認する前に、興奮して書いてしまい、申し訳ありませんでした!
    もし、問題があるようなら消すので言ってください。m(_"_)m

    真矢すみれ   2014/03/28 01:21